kの日記

人生の感想など

今日は朝から小雨がぱらついてて寒い。昼過ぎに起きて残りのベーグルを食べたあとはタウンスターでカボチャパイを量産しながらサモナーさんが行くを読み進めた。元気もやる気もないがシーツの洗濯はかろうじてした。シーツを剥したベッドに布団クリーナーをかける気力はなかった。トイレ掃除と床掃除とエコキュートの外側をふき取る掃除もする気力がなかった。残念だ。そういえばおやつにチキチキボーンを二本食べた。おいしかった。

 

昨日読み終わったゴールデンカムイの感想。

面白かった。でもグロい。最近の漫画はどれもグロくて困ったものだ。皮膚が裂け、肉が弾け飛び、味方がばんばか死んでいく。進撃の巨人みたいな感じ。まあ戦争ってマジでグロイし、しょうがないのかもしれないけど。にしたって、表現わりと容赦なくグロめよねえ。

あとは、アイヌ文化の勉強になったなーって感じ。チタタプ チタタプ。なんか、全体的に、設定と、書きたいシーンとが先にあって、それをストーリーで繋げていったって感じ。のっぺらぼう、なしてそんな精巧な暗号刺青を彫れるねんってツッコミとかあるけど、暗号になる刺青っていうアイディアはすごくいいと思うし、まあ全然アリ。一つの話にまとめて完結まで持ってってるのがすごい。

ヒロインポジのアシリパさんがかなり男前で、対するヒーロー?ポジの杉本さんがところどころ乙女というか少女というか、ヒロインっぽく描かれてるのはワザとなんだろうなあと思った。なんかうまく言えないけど良かった。

昨日図書館で仕入れた二ノ宮和子の「天才ファミリーカンパニー」も読み始めた。ぼちぼち読んでいこー。