kの日記

人生の感想など

2024年06月05日水曜日 体調が悪い

 27/17℃。寝てる間、寒くてお布団をずっとかぶってました。いつ夏用布団に変えればいいのか謎。朝の家の一階はまだ寒い感じ。今日は生理前だからか、あるいは昨日のシャンプーが雑すぎてちょっと頭が痒かったからなのか、あるいは布団をかぶると暑く、布団を剥ぐと寒い絶妙な気候のせいか、かなり朝眠かったので、起床時刻を30分遅らせてゴロゴロすることで英気を養いました。
 朝ごはんにヤクルト1000とベースブレッドの出してる栄養ましましベースカップ焼きそばを食べました。あー、ベースパスタの味の麺だ!あはは、相変わらずおいしくないねえ!けっこう量もあって朝に完食するのは厳しいや。でもお湯を注いで湯切りするだけでできるので、時間がない人がさっと食べるにはいいかなと思いました。ふう…もはや興味ないけど捨てるのもあれだし残りは夜に食べるか…夜ならお腹が空いてるからもう少し美味しく感じられるかも。
 そういえば劇場版スタァライトを観に行ったときに予告で流れてた藤本タツキ先生のルックバック、引きこもりの子が手を引かれてくしゃくしゃの笑みで駆ける様が可愛すぎた。本当に可愛い。女を可愛く描くのがうますぎる。びっくりした。すごいなあ……。予告であれかい。泣いちゃうねこりゃきっと、本編を観たらさぁ。
 先日…数週間前かもしれないけど…雷句誠先生が金色のガッシュベルのパチンコ筐体への利用を拒否したという話を見て、原作者がパチンコ利用を拒否することってできたんだ、と驚いた。いや、そうなんです、むしろ、今までそういう話がなかった(←あったのかもしれないけど私は知らない)ことのほうが、変ではあるんですけど……。だってパチンコって、依存性が高いですもんねぇ。自分の作品がギャンブル依存症患者を生み出しそれによってお金儲けをする仕組みに加担することになっちゃうのは嫌だ、って思う人もそりゃ、いるわ。いたはずだわ。でも今までそういう、パチンコ利用を拒否した漫画家さんの話って聞いたことなかったから、そういうのって、拒否できない圧力というか、原作者が口出せない雰囲気があったんじゃないかなぁと想像しました。雷句誠先生は小学館と訴訟したこともあったし、結構、原作者の権利について戦うべきところできちっと戦う印象があります。かつての小学館相手の訴訟のときはなんか勝手に私は雷句誠先生が怖かったんですけどね……なんか、それは私の問題なんですけど、漫画っていうものを私は、勝手に、なんていうのかな、桃源郷みたいに思い込んでて、漫画原作者が編集者および出版社から受けることのある非人道的な仕打ちの数々とか、連載を続けることの苦しさ、世知辛さとか、全然知らなかったので、「あの金色のガッシュベルの(←私は子どものころ金色のガッシュベルにかなりはまっていて、漫画もアニメも観ていた)、雷句誠先生が!なんかおかしくなっちゃった!?」みたいな印象だったんです、いや、今考えると、申し訳ないんですけど……。なんで編集者って原作者へのリスペクトを忘れて横暴になっちゃいがちなんだろう〜?もちろん人間性◎、かつしごでき(←仕事ができる)な編集者の人もたくさんいて、そういう人たちが漫画業界を支えているんだとは思うのですが……。小学館なんて、すごい、子どもにとってはさぁ、夢の国じゃないですか?なんか面白い漫画とかいろいろ出してくれててさぁ。こんな面白い漫画がいっぱい集まってる会社は、夢みたいな素敵な会社だって、純粋無垢な子どもだったら思っても仕方なくないですか?そんな、夢みたいな会社どこにもないとしても、裏切られた感は拭えないんだぜ……いや、頑張って仕事してるまともな社員さんが大半だとは思うし、そういう人は今回のセクシー田中さんのことでいたく傷つき疲れているんだろうとは思うんですけどね……。でもほんとに悲しいやね……楽しいエンタメを提供する仕事の陰では、杜撰で無礼な仕打ちのせいで人が死んでる、なんてさ。桃源郷なんてない。そんなこと知ってたつもりだったけど、あってほしかったんだなぁ。
 サングラスをすると本当に目が楽で助かります。世界って眩しすぎる。
 Twitterは本当に楽しい。嘘ばっかである点には気をつけたいと思うけど。
 ベースフードの新商品の焼きそばは私にとっては美味しくないけど、ベースフード出している主力商品、ベースブレッドのチョコ味は、かなりイケる味だと思う。かなり美味しい。
 今日かなり体調がよくないのでイライラする。完全に私が悪いのに夫に逆ギレしてしまった。知人に不用品を引き取ってもらったんだけど、その中に私の確認不足で夫の買ったもの(消耗品)が入ってたの。それを知人にあげちゃった。そのことを夫に言われて、ごめんって謝ったんだけど、完全に怒りのごめんだった。いやーーー。恥ずかしい。ごめんねえ。甘えた。甘ったれた。体調が悪いと本当にコントロールできない、言動が。その後夫は自分で知人からブツを取り戻していたし私に対しても優しくしてくれてすごかった。持つべきものはメンタルの壮健な夫であります。
 Twitterは嘘ばっかりだけど最近コミュニティノートがめちゃくちゃいい仕事をしていてありがたい。


 うわーーーなるほどだ。完全に納得だ。ななちゃんは優しい子。
 短歌の、なんだ、有名な組織?が結社とか塔とかいうの、ネーミングが怖すぎる。すげーアングラ感を感じる。魔女っぽい。ほほほって上品に笑う人間たちに高いところから見下されそう。別に私は入りたいわけじゃないからいいけど。言いたくなっただけ。
 マダム・イン・ニューヨークガウリ・シンデー、2012)を見終わった。すごく面白かった。感動した。いい話だ。自分で自分を救う話。自分に自信を持てるよう頑張る話。本当にいい話だった。歌と踊りは、インド映画にしては少なめ。
 明日バイトがお休みなのが本当にありがたい。最近調子がいいと思ってたけど週5勤務は無理ですわ。体調が崩れる。フルタイムワーカー本当にすごすぎる。もし、ひとの働きっぷりを見て、仕事があんまりできない人なのかなこの人はと感じるときがあっても、あるいは、仕事はできるけどいっつもキンキンに神経とがらせて人を傷つけてる人を見たとしても、それはフルタイム労働の過酷さがその人をそうさせているんだと納得できる気がする。フルタイム労働は過酷だ!残業なんてもってのほかだ。フルタイム労働がそもそもありえないのに残業はさらにありえない。
 そういえば不信仰短歌思いついたんだった 「おお、神よ おはようございました おやすみ💤」ん? 577は短歌か?まあいいか。「おお、神よ おはようございますでした ぐう💤」もいい。そっちのほうが自然かも。


 暗闇の中でスマホのライトを頼りに庭の草むしりするの、楽しい!すごく楽しい!全然眩しくないし!涼しい!意外と蚊も寄ってこない。お風呂上がりで人体の匂いが薄いから蚊が私を検知できないのか?それともまだ蚊のシーズンじゃないのか?それとも実はもう刺されてる?それとも蚊って夜は行動しないのか?いいなー夜間草むしり。でも一つだけ注意点があって、草の下に休んでいるなめくじに触れてしまうと指先がぬめっとしてギョエってとなります。なめくじいすぎ!ナメクジの繁殖場になっちゃってるじゃん!他の生き物もいっぱいいる。謎の薄っぺらい虫とか、ダンゴムシとか、ちっちぇーアリとか、謎の白いふわふわした、植木を食ってるげな虫とか。植木を食うな!虫め。