kの日記

人生の感想など

2024年07月10日水曜日 人生の夏休み

 4:39から13:21まで8時間42分寝た。明日は朝に読み聞かせボランティアがあるから起きないといけないのでなんとかして早めに寝る。朝ごはんに卵かけご飯ふりかけのせを食べた。おいしい。ふりかけ買ってよかった。
 昨日お風呂で髪の毛洗わなかったらてきめん頭がかゆい。
 食糧庫に揖保乃糸がある!?夫が買っておいてくれたんだ!!うひょー!!
 児童手当って子ども産まれて出生証明書をとったあとに改めて申請しないともらえないの、なんでだろ〜。市役所から情報ひっぱって勝手にみなし申請扱いするとかできないのかな。できると思うんだけどなあ。でもたぶんそれを実現するにはシステムの改正と…あともしかすると法の改正も必要?システムの改正には多大なお金、時間、労力がかかるだろうし、法も変えんなら大変だろうし、結局は、国民にとって煩雑で、市役所にとってはいちいち処理が負担だったとしても、現状維持がいちばん安上がりなのかなあ。てか児童手当ってなんで出来たんだろ。もともとは児童の控除を廃止する代わりに、みたいな話だったと思うんだけど……なーんで控除を廃止して、あえて人員割いて人々にも負担を強いてまで、児童手当って形で分配したかったの?そうすると何がいいの?政治がわかりやすく「やった感」出すため?控除温存するよりは児童手当を出す方が黒字になったりすの?本当に?だって、児童手当出す経費、全部ひっくるめてだよ?児童手当の管理システムとかさ。それとも…非課税所得者に現金を一律で配って子育てを助けるため?でもそれなら別に、その目的を達するためなら、控除は温存でよかったのでは…?
 あっ所用って所用って書くんだ!諸用だとおもっていた!諸々の用!所用ね…。また間違えそう…。
 利益(りえき)にごがついた瞬間読み方がご利益(ごりやく)に変わるの、謎すぎる。日本語学習者で怒ってる人いると思う。まあ面白がる人もいるだろうけど…。
 少子化って、そんなに悪いとも思ってなくて、昔は子どもが多すぎて雑になっていた部分をもうすこし丁寧にできるんじゃないかと思っている。学校教育とか。もっと丁寧に、ひとりひとりに金と手間をかけられれば、それは返ってくると思う。現に今、人手不足で求職者は売り手市場になりつつあるから、過労死とかパワハラとかセクハラがやっと問題視され始めた。人材の替えがきななくなってきて初めて本腰据えて検討し始めたんだ、どうすれば今いる人材をこれ以上失わなくて済むのかを。生産年齢人口を使い捨てのエンジンみたいに燃やし尽くす社会構造は異常だったと思うし、多くの人の人生にもっとゆとりがあってもいいと思う。でも、やっぱ、戦争だよな。戦争が起こったとき、生産年齢人口が多いと何かと有利なんだろうなぁ。国が国として成り立つために生産年齢人口の多さが極めて重要なんだろう、たぶん。知らないけど。戦争がなぁ。なければなぁ。世界のみんなでゆとりある生活を楽しめればいいのだが…。
 骨ってそんなに、そこまで怖くないかも。肉の方が怖い。スケルトンよりゾンビの方が怖い。
 家庭料理に凝ってる人って本当に尊敬する。
 今日、結婚記念日だ。3年前の今日に結婚して、2021年の7月11日に結婚式をした。ありがたいねえ。もうちょっと生活をがんばりたい。朝起きて夜寝て、買い物とか掃除とか料理もたまにはしたい。
 あー、石丸さんって私はかなり怖く感じるから苦手なんですけど、あの怖いところがいいんですね。あの鋭さが、刺さる人には刺さるんだなーと、Twitterを見ててなんとなく理解した。知らないけど。あとたぶん、見た目が好ましいから、ですよね〜。スッキリしててさ。なんか、容赦がなくて厳しいけど頭は良くて授業も面白い、頼もしい予備校教師みたいな……。
 エモ希死念慮短歌書いてバズったTwitterのアカウントさんがこんな希死念慮かきたてて本当に人が死んじゃったらどうしよって悩んでて、それを見て私は、誰かが、死んでも、生者は、その責任を負わなくて、良くないですか?!?!って思った。これは、私が今、生者が他人の死の責任を負わなくていいと、そう信じれているからみんなもそうしなよという意味ではなくて、全然信じれなくて、やっぱり人の、特に自分と関わりがあった人の死には人間、責任……とまでは言わないまでも、なにか、気の滅入るような、なにかって感じてしまうもんだろうとは思っていて、でもそれやめ、やめませんか?!みたいな。みんなでやめませんか?!だって人は死ぬんだ!誰しも!必ず!いつかは!それが今日になったとて…平均寿命をこえようが、こえまいが……だって生きてる人が、人の死を負って生きるなんてそんなの、つらいじゃないですか。やめたいよ。やめてくれ。やめさせてくれ、誰か!!えーと、いや、うーん、罪、もしうーん、たとえば人を殺した加害者がその人を殺したことを負うべきか、というのはちょっと、わからない、そこは、そうかもしれないんですけど、なんていうんだろうな、自分がああしていればあの人の自殺は防げたかも、みたいなの、それって至極当然ありうる感情の反応だとは思うんですけど、サバイバーズギルト的な?いやこういうのはサバイバーズギルトって言わないのか?いや自殺は大事件だから、言うか…。その、サバイバーズギルトみたいなの、できることなら、そうなってしまうのは仕方がないとして、かんじなくてよくない?みたいな…。いや、かんじないようにしようとしても感じてしまうのが厄介なところだとは思うんですが、だって、相手死んでるんだし、いや死んでるから問題なんだけど、だから、死をどういうものだと捉えているかの、死と、そして生とをどう捉えているかで、話が違ってくるんじゃないかと思うんですけど、死って一種の「あがり」だと私は、そうなんじゃないかと、そうだったらいいなと思っていて、だから、あがった人間に対してまだあがってない人間が心病むのは、む……む…これ言うの本当にあれなんですけど…むだっていうか……いや、でもこういう価値観だとみんな死んじゃうね…みんな死んじゃうのはよくないか……なんてこと言ってても私も死ぬのは怖いし死を忌避してるところあるしなぁ…。はあ…。生者の健やかな精神生活は何にも増して守らねばならないことではないか、たとえ死者への「おくやみ」が不足するとも、と私は思うのです。そもそも私が仏教思想にそんなに親しんでないので「故人を偲ぶことで供養する」っていう感覚が、わからないし、えー…?って感じがする。供養ってなんかぜんぜん、わかんない。まあ私にわかることなんてほとんどないんですが。人の死、の激烈なまでの特権的な破壊力を、なんとか無力化できないものかね?!?と思うのです。人が死んでも、言ってしまえば「ほーん」で済ませられないものか?それはさすがに、無理なのか。死って、エグすぎる。
ああでも悲しみをきちんと悲しめる社会の方が健康か。「悲しまなくていいよ」と抑えにかかるよりは連帯しておおっぴらに悲しんだ方が傷が癒えるのも早いか。ミッドサマーみたいに。
 マジでめちゃくちゃ恵まれた人間関係の中でしか育ってこなかったので、たまに出先でふつうにハラスメント仕掛けてくる人間を観測すると、うわわわわこんな世界で生きてる人もいるんだ!ってびっくりするし、悲しくなるね……特に何があったというわけでもないのですが……。
 明日は町内のお茶会に参加する。好かれたくて緊張する。好かれたいという思いを捨てられるといいのだが…。
 パルミジャーノレッジャーノ、ってなんかなかったか?ああ、パルメザンチーズの削ってないやつか!パルメザンとパルチザンって似てる。パルメザンチーズ。パルチザンメーズ。
 ふりーむでフリーゲームをいくつかやってる。ゲーム三昧だ!
 最近ほんとに健康だ。口内炎もできないし。
 えっなんかTwitterの検索機能、かわりました?話題タブだと自分のフォローしてる人たちのツイートばかり出てくる。便利だ…便利だけど…まあいいか。便利。
 子どもの頃、政治家になりたかったな。元気ないから今はなりたくないけど。