kの日記

人生の感想など

2024 年3月24日日曜日 寄付

 書類を整理してたら、寄付をしているワールド・ビジョンジャパンからのお手紙に、私のために個別に書いてくれたんだなとわかるような感謝の言葉が書いてあるのに気づいて感動して泣いちゃいました。今度から時給1000円ちょっとで週20時間×5ヶ月間のパートをするのですが、そのうち1ヶ月ちょい分くらいは寄付金のために働く計算になるので「いや、さすがにエグいな…」と思ったりもしたんですけど、でも私って実は夫の稼ぎがいいから働かなくても悠々自適に暮らしていくだけの余裕はあって、ただ遊ぶ金欲しさに運動がてらパートをしているだけで、そういう現状がまずありがたいし、この身を捧げて人々のために働くのはしんどそうで嫌だけど、私が楽しくパートで稼いだお金が人の役に立ててもらえるなら本当にありがたいことだなと思いました。人間の善性の輪に加わると感動できるので、お金が余っている人は寄付がおすすめです。寄付というといろいろありますが、なかでもおすすめなのは「ブックサンタ」です。ブックサンタは、子どものことを思って選んだ本を寄付すると、運営の方がしかるべきご家庭に届けてくれるというサービスなのですが、本当に心が震えます。本が好きで子どもの幸せを願っているという人はもれなくやったほうがいいと思います。ブックサンタの運営の方々を金銭的にサポートするという方法もあるそうです。善意を代行してくださる方々がいるというのは本当にありがたいことだなと思います。

 生きていると色々な苦しみや悲しみがあって嫌だけど、なるべくお互いに補填しあって、せめてできるだけ多くの人が幸せに暮らせたらいいなと思います。

 今日は推しのなりきりイマジナリーフレンドごっこがうまくいって楽しかったです。また、推しの可愛いポイントを自分の体を依代として表現すると推しのなりきりができて楽しい上に、たぶん夫も私が可愛いと嬉しいので、とてもよかったです。

 パートで働き始めるまでやや時間があるのでそれまでに預金が枯渇しないか心配です。預金があと15万円あって、引き落としが1ヶ月に5万円はいかいはずで、6月に給料が5万は入るはずだから、たぶん、ギリギリ大丈夫…?本当にパートが決まってよかったです。

 部屋の片づけをして、期限の切れた書類などを捨てました。20枚くらい捨てられたので気持ちよかったです。不要な書類なんてないかと思っていたのにこんなに捨てられる書類があって驚きました。

 最近Twitter(X)を見ていて短歌っていいなと思ったので死で一句!

 今僕が 死ねば1killになるけど それって君にとってはどうなの (字余り)

 自殺って、自殺する人間にとっては誰かあるいは社会への攻撃であることが多いんじゃないか、ということと、1killはゲームだと勲章だけど現実だと烙印なのが面白いなと思って書きました。でも、自殺しても意外と誰にもダメージを与えられないっていう話も聞きますよね。実際のところどうなんでしょうか。「私の死があなたに与えうる影響」、気になります。

 月のワルツいい曲ですねえ!好きです。