kの日記

人生の感想など

2024年04月24日水曜日 耳栓最高!

 雨。今日は23時前に寝て7:30に起きました。かなりいい生活リズムで生活できていて気分るんるんです。ゴミも出しに行けました。結婚してから三年くらい経つのですが今まで私が朝に起きられないためゴミ出しはすべて夫にしてもらっていたので、ゴミを出しにいくのは久しぶりです。ゴミをだした記憶は、完徹をして朝に起きていてなんとなく気が向いてゴミを捨てに行ったのが二回くらいと、あと先月、母が泊りに来た時に見栄をはって私が出しに行ったりしたくらいです。でも今日からは私がゴミを出しに行きたいです。朝に起きられさえすればこっちのものです。最近は本当に自律神経だかなんだか知らないけど精神的なものを司る機構がものすごく良い感じになってきているのを感じます。本当に、人生頑張れそうというか、前向きに生きていける感じがびんびんにしています。本当に何もしたくなくて一日中インターネットを見続ける日々だったのが、「家事って楽しいな」という気持ちも出てきて、社会(やっぱり社会からの目は気にしちゃう)にも認めてもらえそうな水準まで生活を持ちなおせそうです、いや、うーん、社会に認めてもらえそうなのも実際嬉しいですけど、普通に日々生活していてなんとなく幸せだなーと思えるのが幸せだというのが第一にある感じです。本当によかったなあ。生きている限りずっとこの調子が続いてほしいです。

 睡眠時の耳栓がかなりいい仕事をしています。これから何かしらの状況が変わらない限りは一生耳栓をして寝ようと思います。

 朝ごはんに無印良品のからくないグリーンカレーを食べました。今までこのカレーを食べるときは温めずに食べていた(←そうすると温かいお米と冷たいルーのコントラストが素晴らしく旨いため)のですが、この前、教会でカレーパーティーをした際に、レトルトパウチは湯せんをすると中身がズロッと出てきて気持ちいいということを学んだので、今日は少し寒かったのもあって湯せんをしました。開封するときに面倒くさがって手であけたらグリーンの汁が飛び散ったので、こういうときは面倒くさがらずにちゃんとはさみを使うべきなんだなあと学びました。グリーンカレーはおいしかったですが、「ルーは冷たくてご飯は温かい」状態のほうが私は好きかもしれない、と思いました。

 

 精神の調子が悪かった時期は朝のルーティンとか全くなくて、朝といわずすべてのルーティンがまったくなくて、飽きるまでインターネットをして飽きたら適当にごはんを食べて、まあ夜ご飯は夫と一緒に7時くらいに食べて、お風呂は夜9時くらいに毎日入るからその二つはルーティンっちゃルーティンかな、という感じだったんですけど、なんか今やる気が燃えているので朝のルーティンを再考したい気持ちになっています。朝7:30までに起きる→枕カバーを洗濯かごにいれる→口をゆすぐ→顔を洗う→携帯をいじりながら朝ごはんを食べる→寝巻を着替える→洗濯物をまわす→歯磨きをする→トイレに行く→ たぶんこれで1時間くらいでしょうか?実際にやってみて時間をはかってみたいです。出かける日は、これに加えて日焼け止め塗る。

 

 最近本当に元気で前向きなのでついに美容院にも行くことにしました(夫の金で)。一年ぶりくらい?二年ぶりくらいか?結婚してから二回くらいは行ったような気がしますが記憶が曖昧です。トリートメント込みで8000円とのこと!私が6時間、代替可能な単純肉体労働をすると6000円になるのですが、1時間30分のカット&トリートメントのほうが2000円も価値が高いって、資本主義はすげーな、という気持ちになります。だけど可愛いくすれば私という存在の価値が高まりますからねえ……(という世界観で私は生きている)。私の中ではカット&トリートメントで8000円はちょっと高すぎなのですが、私が可愛くすると夫が喜ぶのでまあ、それにお金も夫が出してくれるし、まあ、それになんだかんだ自分が可愛いと鏡を見るたびに気分がいいし、それに、美容院に行くために外出するのもいい気分転換になるし、まあ、行くか~~って感じです。こう言葉にすると贅沢者ですね。もっと喜ぼう。わーい、やったー、好きなんだよなー、あの美容室。ちょっと高いけど。腕は確かだと信じられる。

 

 傲慢さ。傲慢ってよくわからないんですけど、わからないなりに、傲慢な人って憎たらしいなと思います。だけどたぶん私は自分の傲慢さを他人に受け入れてほしいし、許容してほしくて、その矛盾からくるフラストレーションを私は推しに押し付けることで解消しようとしているのではないかと思いました。私の推し、ってけっこう傲慢なところがあるな、と思って、だけど推しに限っていえば傲慢だったとしても「その傲慢さもエモいんだよな~」みたいな解釈になる。子ども…小学生くらいまでの子ども…の傲慢さって本当にめちゃくちゃで、怒りがわくこともしょっちゅうだけど、その剥き出しの傲慢さがなんか愛しいなと思うこともあるあれみたいな感じです。そこに、傲慢さを憎みながらも傲慢さを受容されたいと願っている自分の欲求を解消する手立てを見出している、という感じがしました。あれ?でも肉体労働を終えて家に帰ってきたら推しの何を傲慢だと感じたのか忘れてしまいました。うーん……他人を把握しようとするところ?いやそれは美点な感じすらするから違うか……うーん、そもそも傲慢って概念が私、ぴんとこない……推しに傲慢のぬれぎぬ着せたかも…うーんでも何か、傲慢だなぁ♪と思ったんですよね……なんだろう

 

 短歌と川柳って何が違うんですか??エモかったら短歌?そもそも川柳って575だっけ??

 失恋で終わってくれたらいいのにね 続く人生 未知のチャプター

これは、ロマンティックラブイデオロギーに脳を占領された人間の見た、「あ、 失恋しても人生終わりじゃないんですね…あ、そうですよね…そうでしたそうでした…」っていう単純な事実の持つ光、のことを言葉にした短歌です。私は失恋はしてなくて、このまえ読んだ切ない失恋の小説の感想です。今、わたしは元気だから、「失恋の先の人生って光だわ」って思えるけど、ひとたび暗くなれば「いや人生も終われし」ってなりそう、けど、失恋の先、光であってくれ。光あれマジで。涙のあとに虹とか架かれ。

 

 カロリー60%オフのカルピス、一口目は良い感じなんですけど、飲んだ後の口の中がちょっと変な味がして、やっぱりふつうのカルピスってうめえやってなるんですけど、ホットにして飲むとその後味の変さが緩和されて美味しく飲めるような気がします。なんか、紹興酒に似てるかもしれない!!(←紹興酒はぜんぜん好きじゃないが。)でも普通のカルピスをホットにして飲んだらそりゃあもうはちゃめちゃにおいしくて60%オフ!?けっ!!ってなっちゃうかもしれません。

 

 めちゃくちゃ元気なのでnoteに会員登録しました。やったー。

 

 推しを神格化してしまいそうでやばい、推しを神格化してもいいことないからです。

 

 肉体労働を頑張った結果、膝があざだらけになりましたが、普段めったに怪我なんかしないので、自分の体にあざがあるのもたまにはいいなあと思いました。記念に写真をとりました。肉体労働を頑張って金銭を入手したので気が大きくなり、推しに課金しました!!うおーー!!だけど比率でいったら私はworld visionに推しの25倍課金してる。いやすごいな。推し、安い、推しやすい。推しに課金するのは本当に簡単で、マジで五回くらいクリックしたらもう私のクレジットカードから推しへの課金が完了してました。ははは、クレジットカード最高!楽天様様です。

 つい先日ワールドビジョンジャパンから寄付者への報告書みたいなのが届いたんですけどぱっと見ただけでエモすぎて泣きそうになったのでまだ読めてません。「ご支援によって、10秒ごとに1人が安全な水を手にしています」だそうです。すごくないですか!?私は本当にせめて子どもたちの水と食料だけでも世界中に行きわたってほしいと思います。もちろん子どもだけでなく大人も飢えと渇きから救われてほしいですが……。でも、今改めて読むとちょっとこの文章の意味、わからない。どういう……どういう計算なんだ!?10秒ごとに1人?一日って86400秒らしいので、一日あたり8640人がワールドビジョンの設置したきれいな水の出るなにかしらの装置(水道とかタンクとか?)の恩恵にあやかっているということでしょうか?いや本当に、綺麗な水で暮らしてほしいですよ全人類。日本は水道水が飲めてすげえや。私は自律神経が狂っていたころ、この飢えと渇きが蔓延する世界で自分だけが恵まれた環境にいるというのが本当に耐えられなくてそれもあって寄付を始めたんですけど、まあ今は自律神経がだいぶ整ったおかげでそういう強迫的な思いはないんですが、それにしたって格差がすごいですよね本当に。出生地ガチャのインパクトでかすぎ。出生地ガチャといえばリムワールドでも開拓する土地の気候や植生や隣人によっては爆速で全滅したりしますよね。最近リムワールドやってないな。ゲームをやってないです。今WEB小説が熱いためです。

 

 りりちゃんの手記の記事ちょっとだけ見たんですけどこりゃ、可哀そうすぎませんか……加藤智大の生い立ちを思い出すなあ……加藤智大はもうこの世にいないんですね……死刑執行されたから……。