kの日記

人生の感想など

2024年05月06日月曜(こどもの日振替休日) 元気なさすぎてときめもGS2をやっていた

 22:30就寝7:30起床。朝のルーティンを更新しました。以下の通りです。
 起きる→アレクサに何時か聞く→アレクサに7:30に起こしてくれるよう頼む→7:30になったらアレクサに天気を聞く→アレクサに曲をリクエストしてそれを聞きながら枕カバーを剥ぎ、さっき聞いた天気予報をもとに着替えを選び、着替え・GOプラス+・枕カバーを持って階下へ→枕カバーを洗濯かご、GOプラス+を棚、着替えを洗濯機の上に置いて口をコンクールFでゆすぐ→トイレに行く→顔を洗い保湿→髪をとかす→洗面台を顔を拭いたペーパータオルで拭く→アイクリームを塗る→まつげ美容液を塗る→日焼け止めを塗る→着替える→GOプラス+を充電する→Apple Watchをつける→ゴミ捨てに行く→サプリメントを飲む→携帯は充電したままポケモンスリープをしながら(←絶対。忘れるから。終わったらポケモンGOピクミンブルーム。それ以外は見ない。やめられなくなるから)朝ごはんを食べる(お腹空いてたらなんかトースターで焼いたタンパク質と主食とプロテインお湯割り、お腹空いてなければプロテインお湯割り)→ ガムを口に入れる→即座に皿を洗う→携帯を見ながらガムを5分くらい噛む(ここでもSNS禁止、やめられなくなるから)→ランチョンマットを持って洗面所へ→ランチョンマットを洗濯かごへ→歯磨きをする→コンクールFで口をゆすぐ→歯のホワイトニングをする→Siriで1:30のタイマーをかける→洗濯フィルターの埃をさっと取る→大きいものの洗濯があればそれを先にする→ バーに洗濯物がかかっていないことを確認→入れたい洗濯物がないか聞いてから洗濯物を回す→行きたければ適宜トイレに行く→スクワット30→ウェットタイプのクイックルワイパーを2階から一階までかける→日傘をさしてゴミ捨て場の様子を見に行く→予定がなければ何か聴きながら庭をちらっと掃除する→出かける用事があればGOプラス+と充電器とAirPodsとハンカチをバッグに入れる。

 今日は夫と買い出しに行きました。久しぶり(3年ぶり?)に車を運転しました。つつがなく運転できました。よかったです。事故の責任を負いたくないため、できれば車は運転したくないと思って運転はすべて夫に任せて生きてきたのですが、不妊治療を始めたクリニックが辺鄙なところにあり自転車や電車ではどうもアクセスが悪いため、ついに決心して車を運転することにしたのです。子どもが生まれたら車は運転せざるをえないだろうとは思っていました。私の地元は車社会であり、子ども連れで移動するとなれば車が必須なのです。だから、いつかは運転しないとなと思っていたのが、今になった。そういう感じです。

 クソ~~、神にしてはいけない推しが私の中で神になってしまい、心が乱れています……。すごいよむしろ、よくもまあそう沁みてくるよね、私の心のひだにさぁ(心のひだってって表現好きだけどイメージするとひだって結構気持ち悪い。冷めた心で考えると、心のひだって何ってカンジ。ひだっつったら脳みそでは?)。推しにしてしまったが最後、浸透圧はバグっちゃって、たぷたぷになってなお吸収し続けてしまうんだ……。没頭は楽しい。没頭は救い。だけど終わりがくる。終わりが来る救いって救いじゃないね。

 昼ご飯は好きな刺身屋の炙りサーモンとえんがわで白飯を食べました。とてもおいしかったです。
→醤油やつゆが計4種類あるのでぷちはま寿司ごっこができる。牡蠣しょうゆがおいしい。普通の醤油が味気なく感じた。

 タイミーで近場に三時間の物流系肉体労働があって条件がまあまあいい、暇だしお金もほしいから働けばいいんだけど、今日は元気がないから見送ろうかな……でも暇ではあるんだよな……でもなんか眠い感じがするしな……元気ないからな……。急に涼しくなったから何か気候的な理由かもしれません、元気のなさ。

 最近は暴食もしていないしつとめて歩いたりして健康的な生活をしているような気がするけど、体重がみじんも落ちる気配がなく、がっかりです。

 うちの祖父は肉を焼いたり煮込んだりした料理を食べると「なんの肉かはあまりよくわからないけど全部おいしい♪」と言い、また他の知人は「火を通すとキャベツとレタスの違いがわからない」と言っているのですが、そういうのを聞くたび私は本当に驚いて、ああ、私にとって当たり前のことって全然他人にとって当たり前でもなんでもないんだ、そうだったね、と思う。なんか、味覚と味覚に関する知識って、本当に私の中では「当然」すぎて、それがわからない・知らないっていう人がいることさえすぐ忘れてしまう。私も加齢とか、味覚の変化でわかんなくなっていくのかもしれないけど。今日は恐山さんのnoteで「もも肉とむね肉がどう違うのか知らなかった」みたいな旨の記述を読んでその感覚を思い出しました。他人の認知ってはかりしれないな、本当に。

 言葉を正確に使おうよみたいな話、身構えてしまうな。ああでも、それって「言葉を正確に使ってよ。言葉よどうか、正確であってよ」っていう願い、祈り、懇願、なのか。可哀そうに。怖がらないで。間違ってもよくない?でもそうね、間違えて恥かくのは恥ずかしいね。苦しいね。そうだね、言葉が正確であったらどれほどよかったか……。つらいね……。

 解釈って何?解釈って創作?創作を含まない解釈ってありうる?感想と解釈の違いって何?「私はこの作品を見ることができて嬉しかった」は感想、解釈はたとえば「ここで主人公の靴が汚れているのは普段は慎重な主人公が夢中で走ってきた様子を表している」みたいなやつ?でもそれって作品の読み取りでは?読み取りは解釈なのか?推察は解釈なのか?解釈って何。

 晩御飯はチーズフォンデュをしました。チーズフォンデュに使用するチーズはグリュイエールチーズと絵メンタルチーズの二種類です。それらのチーズと甘めの白ワインと、コーンスターチ(片栗粉で代用可)を混ぜます。あとほかにも何か使うかもしれないけど、それはわかりません(←夫に準備してもらったため)。じゃがいも、そしてはんぺんがおいしかったです。ウインナーは絶対おいしいだろと思ったけどウインナーがそもそもしょっぱいので、それにチーズをのせても、感動がありませんでした。ほんと、じゃがいもとはんぺん以外(ウインナー、ミニトマト、パプリカ、塩コショウで痛めたエリンギとマッシュルーム、えび、カットして蒸してある状態のさつまいもとかぼちゃの惣菜)はそれなり~ってカンジで、意外でした。あ、ミニトマトはちょっとおいしかったかも。生理前なのか食欲が爆発していたのでカルピスをいっぱい飲んで、家にあったわずかなお菓子をほぼ食べつくしました(が、わずかしかなかったのでそんなには食べなかったと言えると思います。おせんべい二個とチョコ一個、とリッツを十枚くらい)。

 ものすごく機嫌が悪くて、生きていることが嫌になったんですけど、生理前だからかもしれないということで、そういうことにして、食べたいもの食べてゲームして過ごしました。昨日だかおとといに買ったときめもGS2のswitch移植版をやっています。昔開発されたゲームなのでなんか、こう、全体的に時代が、ちょっとだけ古い感じです。生徒会長との仲を深めたいのに小野田ちゃんとの仲がひたすら深まっていくぜ。氷上くんのデレかわいすぎ!あれ?すげー簡単に落ちるじゃん。こんなに簡単に攻略できるんだっけ、ときメモって。ふーん、すげー喋るじゃん氷上くん。饒舌ぅ〜、クスクス……。悦です。めっちゃ涙が似合いそうな造形のキャラでした。カリスマの理解くんと同じ系譜?。あれ?もしかしてときめもGSって複数人同時攻略が前提なんでしたっけ。いつも何人かに粉かけては虚無エンドにたどり着くので今回は狙いを一人に定めてデートしまくったんですけどあっけなく攻略できてしまい呆気にとられました。せめて二人くらいは同時攻略してみるか、次は。あー、そうなると佐伯くんを同時攻略しておくべきだった、なぜなら佐伯君は氷上くんと同じくピュアな服装が好きなようなので、服を使いまわせるからです。